日記

日記

2018.5.2 曇り雨

夜行バスに乗ると独特の寂寥感がある。沢山の知らない人たちと暗い車内で寝付けもせずに自分は何をやっているんだろう。目的地に着くとそんな気分も落ち着く。

f:id:akegatanoneko:20180503124832j:plain

京都は曇っているが思ったより寒くなかった。すぐに電車を調べる。目的地までの移動時間を甘く見積もっていた。日本海側に行くのは大変だ。現地での滞在時間は二時間程度しか取れないだろう。目的地の最寄りのバス停が分からずジョルダンのスポット検索でルートを出す。今すぐ電車に乗っても四時間半ほどかかる。駅の中のキオスクも開いていないので朝食は諦める。夜行バスに乗る前に買ったソルティライチがあるのでなんとかなるだろう。GWだが一応平日の早朝なので席に座って移動できる。そもそも人の少ないところへ行こうとしているので祝日でも変わらないのかもしれない。電車とバスを乗り継いでジョルダンで出てきたバス停で降りるが、よく見たらここからさらに徒歩二十分と書いてある。

f:id:akegatanoneko:20180503124920j:plain

バスは自分が歩く予定の方向へ走っていったので本来の最寄り駅はもっと先立だったらしい。マイナーな駅は登録されないのか自分の検索能力の低さか。仕方がないので歩く。右手に海が見える。

f:id:akegatanoneko:20180503125005j:plain

f:id:akegatanoneko:20180503125855j:plain

バスに乗っているときから海は見えていて、移動中に海が見えると気分がいい。空は薄曇りで昼から雨の予報。歩くのにはちょうどいい。この辺に独特の建築を見ながら歩く。予定外に長く歩かされることになったがそもそも散策するつもりだったし気落ちせずに済んだ。舟屋というものを知ったのはいつだったかもう覚えていないが十年ほど前だったかもしれない。家が海と繋がっていて船が係留してある。初めて見たのはテレビだったかインターネットでだったか、とにかくとてもいい住居だと思った。絶対に見たい、住みたい。

f:id:akegatanoneko:20180503125046j:plain

家の中に海が引き込まれているなんてなんて素晴らしい思い付きだろう。海面は不定形で満ちたり引いたりするたびに家の輪郭があやふやになる。しかも、そこから船で海に出ていけるなんて…。海が荒れたら家はどうなってしまうんだろうか。舟屋は湾の中に建っているのでそんなに心配しなくていいのかもしれない。倉なども建っている。漆喰の鏝絵で屋号?家紋?が施されている。昔からの家が残っているのを見ると嵐の心配はそれほどないのだろう。色々見ていると目的地はすぐだった。舟屋で台湾茶が飲める店だ。看板がなければ見逃すだろうし、あっても事前に知らなければ臆病な自分は入るのをためらう一見普通の民家タイプの店だ。しかも中が見えない。この店はTwitterで見つけた。いつか行きたいと思っていた舟屋の中に入ってお茶が飲める、ということはゆっくり見学できるわけで大変ありがたい。とにかく時間がないので迷うことなく引戸に手をかける。声をかけたが誰も出てこないのでそろそろ中に入ってみると先客が一組お茶を飲んでいたので安心する。しかし店の人はどこにいるのかわからないのでもう一度「すいませーん」と声をかけてから適当な席についた。しばらくすると店主と思われる人がやって来て「どんなお茶がいいですか」と聞かれる。専門店にたまにあるメニューがないタイプの店だ。台湾茶の知識はゼロなので茶葉の名称はわからない。「さわやかなのを…」と伝えると店主が選んでくれるらしく奥へと戻っていった。去年の春の烏龍茶をいただく。

f:id:akegatanoneko:20180503125557j:plain

茶葉と小さい急須と小さいコーヒーポットのようなものと茶漉しとワイングラスのようなものと湯呑み等がセットされ、戸惑っていると「一煎目は入れましょうか」となって、お任せする。茶葉三グラムを上戸のようなもので急須に全部入れてお湯を注ぎはじめてから四十秒でポットに移す。ポットに移したものを半分ワイングラスに移してまたポットに返す。ワイングラスはお茶の香りを確かめるためのものだった。十五分ほどかけて香りが変化していくらしい。烏龍茶は冷めた方が味が膨らむので熱いうちに飲んでみてまた少し待ってから飲んで比べるとよいとのこと。何度でもお茶を入れられるが二回目はお湯を注ぎ初めてから十秒、三回目は八秒、四回目は十秒、そのあと十三秒、十五秒、十八秒…となる。四回目以降はほとんど渋味が出ないのでお湯を注いでからの秒数は好みでもよいが四回目までは厳密にやらないと渋くなってしまう。という説明を聞いてお茶を飲む。確かに爽やかだ。香りを確かめるためのグラスには甘い匂いがする。お茶本体とは香りが全然違う。時間が経つごとにグラスの香りは甘く華やかになった。お茶は最初はすっきりあとの方はやわらかい口当たりになった。一時間ほど海を見ながらお茶をのみ続けた。先客はすぐに帰った。店主と少し話す。私が今住んでいるところにわりと長く住んでいたそうでおすすめの定食屋とバーを教えてもらう。今もあるのかわからないが探してみよう。伊根がこんなに遠いと思わなかったという話から和歌山の交通事情の話をすると十津川の温泉に行ったことがあるそうで(おそらく上湯川)こういう場所で台湾茶の専門店を営むだけのことはある(僻地に行くのを厭わない)、という納得感。もしかしたら実家なのかも知れないが、移住だとしたらどうしてここに住もうと思ったのか、どうやってこの場所に住めたのか聞きたかったが話の流れでそこまで立ち入ることができなかった。帰り際にまた来るときは泊まりで来るつもりだと言うと宿がなかったら相談してくれと言われたので覚えておこうと思う。

f:id:akegatanoneko:20180503130133j:plain

f:id:akegatanoneko:20180503125947j:plain

f:id:akegatanoneko:20180503130024j:plain

2018.4.30

入った喫茶店が圏外だったので日記を書く。店内は少し寒いがカレーとコーヒーを頼んだので問題ない。店内の壁がコンクリートに砂利をまぶしたような仕上がりでいい。こういう内装にしておけば猫の爪に怯えることもない。そもそも壁紙なんてちょっと引っ掻いたり擦ったりしただけで汚れたり傷がついたりして、しかもそれだけで見映えが悪くなるのがどうしようもない。こんなものを家の内装としては認められない。障子やふすまの紙は張り替えられる前提だから傷がついても問題ないけど部屋の壁紙は本当にどうしようもない。今日の夜なに食べようかなと書き出してそれは昨日からシュウマイを作ろうかと思っていて書くことと考えることを連動させるのは難しい。シュウマイはショウユサシさんの漫画を読んでから作りたかったけど、蒸すための皿みたいなものがないから別の方法を考える。フライパンに水を引いてキャベツ引いてその上にキッチンペーパー乗せれば行けそうな気がする。失敗しても食べれないってことはないだろう。店が忙しくて接客とかの動きが気になる。不快だとかではない、単に仕事のことを考えてしまう。やや追われているのでなんとなくハラハラする。忙しい店は何かしらいいところがあるから流行るんだけど流行ってる店のピーク時間に入店してしまうとどうしても店員の人たちの忙しさが伝染して落ち着けなくなってしまう。飯のうまさはそこそこでいいから。

2018.2.21 晴れ?

日記を書こうか、と思いつついつの間にか時間が過ぎていた。よくあることだ。働き始めて三週間ほど過ぎた。今のところ仕事はそれなりに楽しく多少しんどい。料理というのは面白い。自分はバカ舌なので大概のものを美味しく感じてしまい料理人には向かないが人間としては幸せだ。労働が終わり、帰る準備をしていると体が熱くて気持ちが悪いのが困る。電車に乗るときがピークで胃がムカムカしたり吐き気がする。1~2時間で治まるが食欲がない中で夕食の買い物やメニューを決めるのがしんどい。食べ物のことを考えたくない。前日の夜にメニューを決めておいて機械的に買い物だけすることにした。帰ってすぐ横になって少し眠って起きてサンドイッチを食べて風呂にはいると気分がよくなったがしばらく起きているとしんどくなってきて布団に入ったものの体調が悪くて眠りたいのに眠れない。連休のことでも考えようと思うがあまり考えるのにも向いてない状態で散漫。

2018.1.28 曇り

今日になってから寝て起きた。生理中で腹が痛いしとにかく股間が不快。外も寒い。自分でコントロールできない下の世話をするのが嫌で仕方ないが変更不能の初期仕様なのだから仕方がない。最低だ。人間が年中発情しているのがすべて悪い。春と秋と年二回くらいに限定してほしい。もしそうだったらこんなに社会も複雑にならない。石器時代くらいで止まってると思う。常に性交可能であることは不要だ。男になりたいとは思わないが二次性徴が始まる前の体に戻りたいとは思う。何もかもがあの頃の肉体のほうが楽だった。不要な肉もついてないし身長も今と十センチくらいしか変わらない。軽くてよく動く体でいれたらどんなにいいだろう。肉体の不具合は時間が来るまで解けない呪いで、私は早く年老いて閉経したい。老いるとそれはそれで更なる不具合が発生してまた別の呪いにかかるのだろうけど、それを今の私は知らないので無責任なことを言う。想像できることと実感することは別だ。こうやって文字で考えられると思っていること自体がそもそもおかしい。これはすべて虚構のようなもの、なにかそんな風に仮に感じられるようなものだろう。だからなんでも書いたり考えたり言ったりしたらいい。コミュニケーションなんて表層でしかなくて個人の表面に見えるイリュージョンでどのようにでも見せるし見える。話変わるけど、個人の連続性って本当にあるんだろうか、とかいうことを最近考えています。自分は自分でしかないことにほとんど絶望する、絶望っていうか自由の限界を感じる。自分が他人でもあるとか、人である必要もなくて木とか石とか、文字にするのが面倒になってきた。文章で表現しようとするのは面倒。それが嫌で絵を描いたけど絵も面倒で、なんなら文章よりも面倒だったし絵が絵だけで自立することって他者との関わりの中ではほとんどない。言葉のもどかしさとそれに比べて強力な権威はなんなのか。本当は何もかもが何のかかわりもなくただ存在していて関係なんてどこにもないのにあるようにそれが大事で気持ちよくていいもののように思い込んでいるだけだったらいいのに。自分は何をやっているんだろうか。

2018.1.17 曇り雨

早朝、一度起きるがトイレに行ってまた寝る。8時過ぎに起きて昨日の鍋の残りでうどんを作って食べる。特に味付けしなかったので素材そのままの味がする。地味だがそれはそれでいい。半分食べたところで飽きたのでポン酢を入れる。好きな銘柄のポン酢を買ったので寒いうちに積極的に使っていきたい。食べてからまた寝て10時過ぎに起きる。コーヒーを飲んで着替えてノートパソコンを持って図書館に行く。平日の午前中は机が空いていてありがたい。Wi-Fiを使って求人サイトを見る。求人を見ること自体は好きだが自分が働く場所を探すのは苦痛だ。家では全くやる気が出ないので図書館が近所にあって本当によかったと思う。ツイッターを見ながら求人を探していく。寿司や焼き肉の店で賄いつきとか社割ありとか書いてあるといいな~と思う。二件応募して引き続き探していると応募した派遣会社から電話がかかってきて驚く。まだ五分くらいしかたってないのに、対応が早すぎて不安になりつつ面白いとも思う。明日、顔合わせをすることになる。履歴書を書かなければならずどんよりする。データで作ってプリントできるようにしたほうがいい。しばらく求人を見てから本を一冊借りて12時すぎに図書館を出る。お腹が減った。なんとなく外で食べたいので駅前のマクドナルドに行く。そんなに混んでいない。一人客が多く店内はシーンとしている。仕事を探すのがしんどいから早く仕事を見つけたいけど仕事探したくないし仕事やらなくて済むならやりたくない。仕事をしたくないだけで生きていくことすら嫌になるのはおかしい、嫌なのは仕事だけなのに。それを回避することはできないと思うのは自分の考えが足りないだけなのかもしれないけど何をどう考えればいいのか分からない。どこかに逃げ道はあるだろうけど今現在それが見つからないのならそれは今の自分にとって希望にも救いにもならない。とかいうことをすぐ考えるな、自分は。しょうがない奴だね、落ち着けよ、どうしようもないことは思いつくなら思いつくだけ吐き出してしまえばいい。などという自問自答のようなものを脳内とツイッターで繰り広げて14時ごろマクドナルドを出る。気が済んだので家に帰って紅茶を飲み、履歴書を書く。書きながら「あ~もう何もかもが嫌だ」といつの間にか声に出している。だらだらしながら1時間ほどで履歴書を書き終えた。前回よりもマシだ。職務経歴の在職期間がかなりあやふやだけど調べようもないので仕方がない。少し気が楽になった。16時前インターネットを見ながら猫と遊ぶ。借りてきた餃子アンソロジーは表紙を眺めているだけで満足できるので読まずに眺める。この本の中にいろんな餃子が詰まってるのが愉快だ。17時前から日記を書く。18時すぎに無印のレトルトカレーを食べる。おいしい。ぼんやりとインターネットを見る。20時前に小腹がすいたので発泡酒と唐揚げを買ってきて食べつつインターネットを見る。明日の用意をして忘れないうちに目覚ましをかける。猫がクッションの上で眠っている。猫たちは私にとって唯一無二の存在だ。猫に対する信仰でこの世の苦難を乗り越えていくことにする。風呂にはいる。20時半に布団に入ってそのままごろごろしつつ。猫たちと眠った。


2018.1.15 晴れ

5時50分に尿意で目が覚める。起き上がって暖房を入れてトイレに行ってまた布団に戻る。寒すぎる。今日はバイトなのでそろそろ起きたほうがいいのだがとてもそんな気にならないので部屋が暖まるまで布団にいることにする。うとうして三回くらい布団を出る夢を見て遅刻寸前まで布団にいた。6時45分に布団を出る。猫たちはすでに朝食を食べていた。暖房が効いているが寒い。湯を沸かして顔を洗いコーヒーを入れて飲みながらクッキーを三枚かじる。昨日脱いだ服をそのまま着てカバンに財布や眼鏡やノートや本を入れる。7時に家を出る。外は寒い。顔がびりびりする。バイト先には7時半過ぎに到着。株価の放送を監視する。エアコンで顔が暑くてコンクリートの床で足が冷たい。パソコンを見ていると目がちかちかする。座り続けると肩と腰と足がだるい。11時前にシーフードヌードルを食べる。Sさんがやってきて足を痛めたという話を聞く。足の甲がパーンと腫れていて尋常ではない。階段を上がるのも一苦労で一睡もできなかったが足が痛い原因は不明で病院に行く気力もないらしい。健康は大事だな。仕事でエラーがあったりエラー対応をミスしたりしつつ15時、業務終了。外に出ると予想外に暖かく、少しうれしい。無印良品に寄って何も買わずに帰る。座って仕事をしていると感情がマイナスのほうに引っ張られる。動いていると少しは爽快だ。近所のスーパーに寄って食器洗い洗剤と洗濯洗剤、春菊、豚肉、サツマイモ、スライスチーズ、味噌、豆乳、寿司パックを買う。帰宅して買い物を仕分けたらすぐにパックの寿司と発泡酒をおやつにする。酢飯はおいしい。インターネットを見て猫たちと戯れる。17時ごろ豚汁を作る。豚と大根とニンジンとサツマイモとえのきを入れた。寿司でお腹がいっぱいなので食べずにインターネットに戻る。求人サイトでバイトを探す。探しながら酒を飲む。いろんな仕事があるしやりたい仕事はない。ふと人としゃべりたいなと思う。昔は人と会話する代わりにエッセイとか小説とか漫画を読んでいたので寂しいとつい「なにか読むもの…」となりがちだ。そして会話は上達しない。読書は一方通行だから。それでも得るものはたくさん、抱えきれないほどあった。最近は本よりもインターネットで文章を読むことが多い。インターネットの特にSNS の文章は人々の交流をそのまま読んでいるようなもので生々しく、それが面白かったりしんどかったりする。相互コミュニケーションが可能だということが純粋に読み物として楽しむことを難しくする。完成された本は変わらないものなので安心して読むことだけに集中できる。でもそれはそれでさみしいので誰かと話ができるといい。対面でお互いが思っていることを伝え合うのはとても貴重なことだと思う。とかなんとか考えながら求人サイトを見るのをやめて20時半ごろに豚汁うどんを作って食べた。体がポカポカする。風呂に入ってさらに暖まり、その勢いでエッセルスーパーカップにコーヒー金宮をかけてクッキー二枚とイチゴ五粒をトッピングして食べる。22時前に布団に入った。

 

f:id:akegatanoneko:20180116102611j:plain

2018.1.9 晴れ

5時半ごろに目が覚めた。わりとスッキリ目が開いたが外が暗いので布団から出たくない。猫たちが目敏く私が起きたことに気がついて布団の回りをうろついたり腹の上に乗ってきたりする。6時前に猫たちに朝食を出してすぐ布団に戻る。眠いわけでもなかったが布団にはいると眠ってしまう。途中何度か目が覚めたが12時前まで眠っていた。本当は12時過ぎまで眠りたかったがこれ以上は眠れなかった。お湯を沸かして砂糖と牛乳の入ったコーヒーをいれる。なんとなくまた布団に戻ってコーヒーを飲む。布団に座っていると猫が膝に乗ってきたのでそのまましばらくぼんやりする。13時前にアボカドチーズトーストと牛乳の昼食を食べる。天気がいい。暑い。散歩に行くことにする。14時半ごろ家を出る。郵便局で金を下ろして残高を見て、ハローワークに行くことにする。新着求人を探して応募したいものがあったので求職登録をする。書類を提出するための紹介状をもらう。書類を持ったまま散歩をするのも面倒なので一旦帰宅して書類を置いてまた散歩に出る。天気がいいので隅田川を渡って北千住に行く。履歴書を買おうと思う。隅田川を見ると「春のうららの隅田川」という歌詞が思い浮かび、すぐに「うらら」という感じじゃないよな、と否定する。隅田川を見ると裏切られたような気分になってしまう。北千住駅まで歩く間にいくつかの商店街の名残のような通りがあり、昔は賑わっていたのだろうか。東京は都会だけれど急速に発展して行く場所と過去に発展して寂れてしまった場所が入り交じり、場所によっては地方よりもうらぶれている。町の盛衰の地層が剥き出しになっていて面白いし変動の激しさを感じる。16時前ごろに北千住駅に着く。無印をうろうろする。服を買おうと思って見てみるが自分が何を着たいのか、何が似合うのかが全くわからなくなっている。自分の身体イメージがあやふやだと服を選ぶことができなくなる。意識して自分の姿を見るようにしよう。今度姿見を買うことにする。服が嫌いなわけではないが自分の外見や着飾ることに対して複雑な心情があるので装いについて考えることを後回しにしたり放置したりしてしまう。それがやりたくてやっているときは気分がいいが、やりたいわけでもないのにそうなってしまっているときは卑屈な気分だ。顔に死相が出ている。自分の中で価値の確立していないものや価値が揺らいでいるものについて判断するのはとても疲れる。なんとか襟つきシャツと黄色いロンTを買う。服を選べた解放感からカレー四種類とお茶も買ってしまった。帰りは電車。近所の八百屋で野菜、酒屋で酒を買って履歴書はコンビニで買った。16時半ごろ帰宅。酒を飲んでインターネットを見る。ラジオを聴く。17時半ごろキムチ鍋を食べる。昨日作って冷凍した餃子を入れてみたらけっこうよかった。皮の厚い餃子は濃いタレが合う。具にもよるのでいろいろ試したい。雑炊も食べたら満腹になりすぎた。18時半ごろ風呂にはいる。19時すぎ、猫たちと布団でごろごろする。