読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記

2016.12.27 雨

4時半ごろ夢を見て起きた。私は体操服を着て友人と何かの作業を終わらせて一旦会社に戻ってから上司に書類を提出すると一部修正してくれと言われて書類を受け取りスヌーピーの鼻先を切るときの切り取り線を4本ボールペンで書き直そうとするが二回間違える。1回目は書類の上に透明なフィルムが乗っているのに気がつかずその上から書いてしまって2回目は線を引き間違えて修正液で隠した。簡単なことなのにできなくておかしくなる。喫茶店で友人と合流して食事をしに行くがまだ体操服なので少し不安になるという夢だった。トイレに行ってもう一度寝る。七時前にものすごい雨の音とタイヤの空転する音で目がさめる。空気が湿っているしなんとなく温い。春のようだと思う。年末という気がしない。猫が騒ぐので起きて朝食を用意する。紅茶を沸かしてホットケーキを焼いていると社長からメールで今日の仕事が休みになったという連絡が来る。雨なのでちょうどよかった。嬉しくなって音楽をかけてホットケーキを食べる。ストーブをつけて座っていると猫が膝に乗って来る。今日はどこにも出かけずに1日パジャマで過ごすことにする。ぼんやりとツイッターを見ていると芥川龍之介の恋文が流れてきてそのかわいらしさに胸を打たれる。芥川からこんな言葉を贈られた文ちゃんも羨ましいが、それ以上にこんな恋文を書いてしまうくらい文ちゃんを好きになった芥川が羨ましかった。他人の恋心を羨むのはものすごく不毛だと思うが好きなものがある状態はものすごく楽しいので共感して羨望してしまう。猫を撫でたり音楽を聴きながら本を読んだりインターネットしたりしてるうちに昼になった。友人からのリンゴと楽天で買ったホワイトベルグが届いたので昼酒のアテを作る。鮎と大根とジャガイモの素揚げと鳥の唐揚げ。鮎は長時間揚げて骨まで食べた。鳥の唐揚げは余ったので冷蔵庫に入れて弁当にとっておくことにする。ホワイトベルグを飲みつつインターネットを見る。ツイッターも年末の話題が多い。ツイッターを見たり職場に行ったりしなければ年末を感じる要素が自分の生活にはないのでハッとする。今年のことを振り返ったり来年のことを考えたりする。今年は旅行にもよく行ったし特に病気にもならなかった。物はよく壊れたけどわりといい一年だった気がする。和歌山に越して来て初めてのこころ穏やかな年末を過ごしている。去年一昨年の辛さに比べたら上出来だ。16時前に眠くなったので布団に入って21時ごろまで寝たり起きたりゴロゴロしていた。21時過ぎに猫に夕食を出してホットケーキの残りを食べる。紅茶を飲んで洗い物をする。しばらく猫を膝に乗せて台所でぼんやりとしていたが寒いのでまたすぐに布団に戻って23時ごろには寝た。

2016.12.21 曇り晴れ

夢をみて起きたら4時過ぎだった。夢の中では友人が泊まりに来ていて二人で何かの作業をしている。私は畳に溜まった乳白色の水を割った竹ですくいながら飲んでいるがこんな得体の知れないものを飲んで大丈夫なのか訝しんでもいる。友人が浴衣に着替えたのでポットに入れるお湯を沸かしておくと伝えた。ところで目が覚めて、ものすごく喉が渇いていた。猫が首に乗って寝ていたのでそのせいだろうか。起きて水を飲んでまた布団に戻る。眠れず1時間ほどぼーっとしたりネットをみたりする。夢うつつで猫がゲロを吐いている音が聞こえる。5時半ごろお腹が痛くて起きる。トイレに行くついでに猫に朝食を出す。寒いし暗いのでまた眠る。10時過ぎに起床。空腹を感じないので目が覚めなかった。コーヒーにクリープと砂糖を入れて飲む。東京から帰って三日目だ。もう三日も経ったのかとも、まだ三日しか経ってないのかとも思う。東京から帰ると自宅近辺の環境がとても新鮮に感じられる。空気のにおいがいいし静かで落ち着く。自分の気配しかしなくて飽きていた家も、自分が自分のために作り上げた自分好みの快適な生活空間だと気がつく。家には自分に寄り添ってくる猫がいて、猫にさわっていると心がしずかに満たされていく。東京に行って戻って来るたびにこの感覚を味わっている。東京に行きたい理由の一つはこれだと思う。ストレスがなさすぎる生活に倦むというのはとても贅沢なことなのかもしれない。東京では友人と会ったりすることができてよかった。人と一緒にいることの重要さと1人でいることの必要性を感じた。仕事もしたし知らない人にもよく会ったのでわりと緊張していたらしく家に帰って1人になるとものすごく落ち着いた。自分のベースは1人で居ることにあるのかもしれないとはずっと思っていて今も基本的にはその考えのままだけれど、そこにずっととらわれているのもつまらないとは思う。他人とより親密に空間を分け合うことができるかどうかはやって見ないとわからないしどうせ無理だと思わないでいよう。12時前、米を研いで炊飯器にセットする。豚肉とジャガイモと生姜と玉ねぎを酒とみりんと塩で炒め煮にする。まだ何も食べていないが何か食べたい気持ちにならない。帰って来てからあまり空腹を感じなくなっている。今日の弁当の準備が終わってあとは出勤するだけしか予定はないので時間まで猫と遊んだりインターネットをみたりする。15時半前に弁当を包んで出勤。団体客。仕事が終わって風呂に入ったら22時過ぎだった。22時半ごろ帰宅。猫たちに夕食を用意する。霧雨が降っていて寒かったので白湯を飲んですぐに歯を磨く。布団に入る。猫が布団の上で喧嘩をしているのでなかなか眠れない。

2016.12.5 晴

5時半前に目が覚めるが体が眠くて動かないので目覚ましがなるまで眠る。6時前に目覚ましがなったので起きて猫に朝食を用意して水を飲む。すぐに着替えて6時過ぎに家を出る。外はものすごい霧で暗い。
f:id:akegatanoneko:20161205163401j:plain
原付で山道を走るが霧がすごくて道が見えない。無事に職場に着いて仕事を始める。7時2組なのですぐに終わって余り物のシャケと出汁巻きのヘタとご飯で朝食にする。2組ともすぐにチェックアウトしたので片付けて10時前には家に帰る。職場の駐車場の朝顔がまだ咲いていた。
f:id:akegatanoneko:20161205163716j:plain
家の近所の川の上にものすごい霧が出ていた。
f:id:akegatanoneko:20161205163821j:plain
なんだか目の奥が痛い。コーヒーを入れてもらったお菓子を食べる。なんとなく何もする気にならずぼんやりとする。帰る途中の道で友人と執着心と同性と異性とセックスについて考えていたことをまとめようとするがうまくまとまらない。ぼんやりとTwitterを見る。「友達がほしい」という内容のブログが流れて来たので読む。わかるなーと思うしどうしようもないよなーとも思う。イマジナリーフレンドでも作るしかないのだろうか。ダラダラしているうちに昼前になったので卵焼きと炊き込み御飯を食べた。
[uploading:assets-library://asset/asset.JPG?id=30288091-1B80-4F11-96F9-343FDAB7F1A6&ext=JPG
そろそろちゃんと出張の用意をしなければならないという気になったので片付けたり荷物を詰めたり猫のトイレの砂を買いに行ったりした。やり始めればたいしてやることもなくあっさりと今日できることは終わってあとは明日家を出る前に猫のトイレと自動給餌器と水をセットすれば大丈夫だ。梅酒を飲む。ポテトチップスが食べたくなってコンビニに行こうと出かけるが途中で気が変わって給与の振込確認をして家に帰ってジャガイモとかぼちゃを焼いて塩と香辛料をかけてマヨネーズとマスタードで和えたものを作った。それをつまみつつ梅酒を飲む。猫が寄ってくるので撫でたりする。外がだんだん暗くなってくる。18時ごろに本格的な夕食を食べて猫にも缶詰を出した。寒いので布団に入ってごろごろしているといつの間にか眠っていて23時になっていた。自動給餌器の時計だけセットして眠った。


2016.12.4 曇雨

6時半前に目が覚めた。猫が首の上で寝ていて暑い。手を伸ばしてiPhoneを取る。布団の外は冷たい。猫をどかして寝返りを打ってiPhoneを見る。昨日、借りていた5Cからもらった4に移行したので操作に手間取る。猫がしつこく首に乗って寝ようとする。7時半に布団から出て猫の朝食を用意する。
f:id:akegatanoneko:20161204164922j:plain
写真を撮りながらiPhone4のカメラは癖が強いと思う。コーヒーを入れてシナモンロールを食べる。
f:id:akegatanoneko:20161204165046j:plain
明後日からの長期出張に備えて猫の防寒用にコタツを出す。久しぶりに見たコタツに猫は戸惑っているようだ。出張中は電源入れないけど中に入ってればそれなりに暖かいと思う。あと、布団も出しっぱなしにするのでどちらかで暖をとって欲しい。
f:id:akegatanoneko:20161204165418j:plain
コタツを出してしまうと特にやることもないし寒いのでまた布団に戻って猫とごろごろしながらiPhoneを見る。10時半ごろお腹が減ったのでスープを作ってパンを食べる。
f:id:akegatanoneko:20161204165613j:plain
弁当用に鶏とゴボウと生姜の炊き込みご飯を作る。水をさわって寒くなったので熱いシャワーを浴びる。出張用の服を洗濯しないといけないことに気がついたので洗濯機を回す。ついでに部屋を掃除する。Amazonから漫画が届いたので読む。昼過ぎにお腹が減ってパンとスープを食べる。庭のバラを見たり猫と遊んだりインターネットしていると出勤時間になったので弁当を詰めて家を出る。職場に着いて配膳の準備をしてから弁当を食べる。
f:id:akegatanoneko:20161205140220j:plain
今日は暇だったので待機の時間が多い。ぼんやりと考え事をしていた。死ぬの怖いなーとも思うけど物語の終わりとか何かが終わることが好きなので、自分の人生の終わりってものすごく気持ちがいいんじゃないか。唯一自分が当事者になれる終わりって自分の人生の終わりしかない。などと考えている間に仕事は着々と終わり21時すぎには風呂に入って帰宅した。温泉は体が温まるのでありがたい。猫に夕食を用意する。余り物の寿司とお菓子をもらったので白湯を入れて食べた。
f:id:akegatanoneko:20161205140636j:plain
f:id:akegatanoneko:20161205140714j:plain
体が暖かいうちに歯をみがいて22時すぎには寝た。


2016.12.1 雨くもり

7時には起きた。今日は燃えるゴミの日だから起きないわけにはいかない。猫に朝食を出して外に出ると空は白っぽく明るいが日がさしているわけでもなくぼんやりしたくもりだった。

f:id:akegatanoneko:20161201172900j:image

f:id:akegatanoneko:20161201172908j:image

夜の間に雨が降ったらしいが昨晩は20時前には布団に入って21時ごろには寝たので全く気がつかなかった。家に戻ってコーヒーを飲んで特にすることもないのでまた布団に戻る。

f:id:akegatanoneko:20161201173156j:image

f:id:akegatanoneko:20161201173203j:image

猫も一緒に布団に入って来る。みんな寒い。もう12月になったんだからコタツくらい出せばいいんだけど何となくやる気にならない。どうせコタツに入ってても布団に入ってても同じだ。灯油を買って来てストーブをつけるのが一番いいんだけどそれも灯油を運ぶのが面倒で先延ばしにしている。ストーブをつければ一部屋が何となく温まるのでコタツや布団よりは人間らしい生活ができるはずだけれど。布団の中でツイッターを見ているとだんだん空腹になってきた。が、布団から出るのが面倒で1時間ほど空腹とともにごろごろした。10時半ごろスパゲッティーを作って食べる。

f:id:akegatanoneko:20161201213844j:image

カボチャとウインナーと玉ねぎとニンニクをトマトケチャップと塩胡椒、賞味期限の切れたピエトロで炒めて粉チーズをふった。なかなか下品な味でよかった。食べた後に口が脂っこくなったので白湯を飲んだ。しばらく窓際でぼんやりしていたけど曇っていて寒いのでまた布団に入る。ツイッターも見るものがなくなったのでいろんなものをGoogle検索して遊ぶ。猫も布団に入ってきたのでネットに飽きたら猫を撫でる。14時に布団から出て仕事用の弁当を作る。やる気がないので焼き飯にする。卵とウインナーとネギと米を塩と中華出汁と豆板醤と醤油で炒める。14時半すぎに家を出る。早めに職場に着いて風呂に入る。風呂から出てまだ時間があるので部屋でダラダラする。15時半にタイムカードを押して仕事開始。途中火災報知器の誤作動があったが特に問題なく仕事は終わった。21時ごろ帰宅。猫に夕食を出してコーヒーをドリップする。砂糖と豆乳を入れて飲んで歯を磨いてすぐに布団に入ってインターネットを見る。多分今月はすぐに速度制限がかかると思う。猫が両脇で寝ているのでiphoneの操作がやりづらい。おとなしく目をつむって眠ろうとぼんやりする。2年前の今日のことを思い出す。というか、この間から断続的に思い出していた。2年前の今日は人生で唯一の恋人に電話をかけて振られた日で、その時のやり取りを何回も反芻する。その時の気持ちはその頃の日記に書いてあるしやり取りも全部書いているが読み返さなくても覚えている。私は相手の不誠実さと自分が相手にとって不誠実な態度を取っても構わないと思われているほどにどうでもよい存在であることがひたすら悲しかった。という68文字で処理できる程度に当時のことは咀嚼し反芻し整頓された。思い出すだけで感情の渦に飲み込まれた時期を過ぎ、波立つ感情を抑えながら考察する時期も過ぎ、文章としてまとまったものをただの過去として鑑賞するところまできた。今の身に迫る感情ではなくて思い出としての悲しさはたまに取り出して見ると面白い。こういう気持ちになれるのはもっと先かと思っていたけど案外早かった。またいつか同じようなことがあるかもしれないけどその時はもっと落ち着いていられることを期待している。どうなるかわからないけど。

2016.11.27 雨

6時半くらいに目が覚めたが布団から出るのが嫌で8時ごろまでiphneを見ていた。昔、iphneなどがなかった頃はこういう時間をどうやり過ごしていたのか思い出そうとしていて気がついたんだけど、私は入眠が下手くそで布団に入ってからも二時間ほど眠れず、早く眠らなければならないプレッシャーで余計眠れなくなり布団の中で悶々と過ごすということがほぼ毎日だった時期がある。しかしそれは大学以降はあまり感じたことがない。年に数回はあるが劇的に減っている。おそらく、布団に入ってから(電気を消してから)入眠までの時間がiphneで食いつぶされていて入眠プレッシャーを感じる隙がなくなっている。昔は眠るために電気を消すとインプットが一切なくなって頭の中でぐるぐる考えるのが止まらなくなり、目が冴えて眠れなくなっていた。今は電気を消してもiphneでツイッターなどを読み流しているとあんまり頭を使わずに済むのでそれなりに眠くなって(読むのに飽きて)眠ってしまえる。寝る前に眠れなくて落ち込んだり焦ったりせずに済んで楽になった。

f:id:akegatanoneko:20161127085942j:image

猫に朝食を用意して久しぶりにコーヒーをドリップでいれた。色がきれいだ。米をゆすいで炊飯スイッチを押し、顔を洗う。水道水があんまり冷たくないので今日はそんなに寒くならないだろう。昨日の夜から雨が降っているから冷え込みが抑えられている。外から太鼓の音がしてお祭りをやっているらしい。雨は結構激しい。インターネット見たりしてるうちに仕事に行く時間になる。カレーをスープジャーに入れて出勤。雨なので原付は辛い。職場は暖房が効いていて暖かいがやる気が全く出ない。何もしたくないなーと思う。人と会うのが面倒くさいし喋りたくない。接客に全く向かない状態になっている。お金いらないから帰りたい。などと考えつつも21時前まで働いて風呂に入って帰る。雨は止んでいた。疲れていたので白湯を飲んで猫に夕食を出してすぐ寝た。

2016.11.26 曇り

庭に多分7時すぎに起きた。寒いので布団でグズグズしていると猫が首に乗ってきて首がしまるから苦しい。起き上がって猫たちに朝食を出す。もう早朝でもないのにキリキリと冷えている。冬だ。まだうちには暖房器具がなくて厚着でどうにかしている。そろそろコタツくらいは出すべきだろうか。我慢しているわけではないがなんとなく億劫で現状維持をしてしまう。仕事がなければ寝ていればいいし仕事があるときは家にいないわけで暖房器具がなくてもなんとか過ごしてしまう。なんて事を考えつつコーヒーを飲む。起きてすぐに食べるものを作る気にならないのだけど何か食べないと起き抜けの体温がどんどん奪われていく。ビーフンを戻して大根菜と揚げを出汁と醤油とみりんで炊いて味噌を溶いた汁に入れて食べる。味付けに迷いがあるが食べれるしそれなりにおいしい。温かい汁を飲んで体内から温まる。

f:id:akegatanoneko:20161126182304j:image

午前のうちに草鞋を一足編むことにする。

f:id:akegatanoneko:20161126182335j:image

f:id:akegatanoneko:20161126182347j:image

11時すぎに完成。街に出かけようかと思っていたが寒くて面倒くさくなったのでインターネットで原付の保険の手続きをしてから近所のコープに行く。豆腐と豆乳と生姜、水菜、おかき、卵を買う。帰宅後、おかきをつまみながら四合瓶の黒牛と白湯を交互に飲む。三好銀の漫画を読む。一升瓶から四合瓶に変えたのは自制心からではなくて注ぎやすいかと思ったからなんだけどやっぱりこぼしてしまう。明るい昼間に一人で酒を飲んでるのが一番満ち足りている時間なのかもしれない。

f:id:akegatanoneko:20161126182925j:image

ふと思い立ってゴミを燃やす。

f:id:akegatanoneko:20161126182934j:image

庭にバラの蕾を見つける。

f:id:akegatanoneko:20161126183003j:image

部屋に戻ってインターネットを見てぼんやりする。寒くなってきたのでスープを作って暖をとる。方向性を決めないまま作り始めて結果カレーになった。カレーと味噌はどんな具材でもまとめてくれるので重宝だ。そろそろ夕食を食べてもいいかと思って水炊を作る。猫たちに早めの夕食を出して水炊を食べつつ黒牛を飲もうと思ったが貰い物のポン酢がものすごくおいしかったので酒どころではなく一気に水炊を平らげてしまった。ポン酢の余韻に浸りつつ黒牛を飲む。猫が膝に乗ってくる。ぼんやりと40歳がくる!を読む。雨宮さんが亡くなったと知ったのは福島の帰りに寄った東京でiphneを壊していた私は友人からその話を聞いた。3回くらい聞き返した。ひとしきり驚いてから雨宮さんに告白しとけばよかったと言った。知り合いでもなんでもないし単なる読者だし告白は間違ってるんだけどそういう気持ちになった。好きな人に好きだと伝えることは相手がいなくなれば不可能になってしまうのは当たり前だし知ってたけど改めて分かった気がした。独身で真摯に仕事に取り組んでいてきれいでいることへの努力もしていて危なげな所もあるし悩んでもいる自分より少し年上の楽しそうな人でずっとこんな感じで前にいてくれるのかと思っていた。自分は今後も雨宮さんに共感したり羨んだり手本にしたりすることができると思っていたのだと気がついた。結婚すること子供を持つことをしないことへのプレッシャーを自分で処理しきれなくなった時に雨宮さんの文章を読んでると悩みを聞いてもらえたような気分になれたものだった。それは一時しのぎでしかなかったし自分の問題は自分でしか処理できないのだけど一瞬ほっとすることができたのはとてもありがたかった。雨宮さん本人は結婚したかったのかなと思うけど独身で楽しそうにしてる年上の人の存在はけっこう心強かった。これ以上はあんまりまとまらない。とにかく人は急にいなくなる。好きな人には愛を惜しんではいけない。などと布団の中で考えて22時くらいに寝た。