読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記

2017.5.3 曇り

なんか喉がイガイガするなーと思っていたら風邪で、連休の忙しさと生理にも追撃されて三重苦になっている。寝て起きると体の節々と頭が痛い。接客中はそれなりに動くことはできるが忘れ物などもあるしだいぶぼんやりしている。風邪で頭がぼーっとしている感じは嫌いではないが体の節々や喉や頭が痛いのと鼻が詰まるのがとにかくしんどい。熱はない。ないというか平熱よりも一度低い。肉体が風邪と戦う意思もないということだろうか。休もうかとも思ったが休んだところでひたすら自分の肉体の怠さと向き合うだけなので仕事でもして気を紛らわせることにした。多分、休んでも仕事をしていてもこの程度の風邪なら治るまでの期間は変わらない。今日は昼から休みだったので帰って朝食兼昼食を食べて洗濯してから寝ていた。家に帰ってぼーっとしてると自分が弱っていることに気がつく。ここは静かだから自分の体がものすごく意識される。寝ていてもしんどいが起きていてもやれることがない。布団の中でツイッターなどをみているうちに寝たり起きたりを繰り返して気がついたら15時過ぎだった。全身がぼんやりと痛くて怠い。なんとなく空腹で妙に寂しい。ぼーっと「人に優しくされたい」などと考えていたがこの家に人間は自分しかいないのだった。猫たちはぐったりと眠る私に寄り添って三匹とも布団にいてくれたが私が求める優しさは「食事を作る」「看病する」「アイス買ってくる」などだったので猫に求められるものではない。寝ていてもしんどいので起き上がって焼きラーメンを作って粉チーズと海苔をかけて食べたらよくわからない味だった。職場の人にもらったひじきのピクルスがうまかったので救われた。去年、新生姜でガリを作ったのを思い出した。あれはうまかったので今年もやろう。いなり寿司も作って食べたい。自分で作ったものの味がイマイチだとすぐ別の食べ物のことを考えてしまう。アイスが食べたい。が、買いに行くのは億劫なので冷蔵庫の中にアイスが自然発生すればいいのに。でも自然発生したアイスなんか気持ち悪くて食えないだろうな、などとインスタグラムに投稿してアイス欲をごまかす。インスタグラムに文章のせるの気楽でいいなーと思う。ツイッターやブログとは違う趣がある。暗くなったら自販機のアイス買いに行こうかと思うけど寒くなるだろうからアイスを食べる気分じゃなくなりそう。そうなったらホットケーキでも焼いたらいい。それか梅酒を飲んで一眠りしようか。結局ホットケーキは焼かずに白湯を飲んでご飯に漬物を乗せて食べた。猫が膝に乗って胸に抱きついてゴロゴロ言っているのでじっとしていないといけない。体はだいぶ楽になった。昼間にわりと寝たので眠れなかったら明日からの連勤用に弁当のおかずでも作ろうかなーと思っている。まあ、今から切ったり焼いたり洗ったりは面倒だし梅酒のお湯割でも飲んで布団でゴロゴロしてるうちに眠ってしまおうか。本を読む気にもならず、ネットを見るのも飽きて日記のようなものを書いている。冗長な文章。読みづらいことはいいことだと思う。他人の日記もめんどくさくて飛ばすところがあるくらいがちょうどいい。読む相手のことを考えていないような文は自分が見られていることに気がついていない人間みたいでいいと思う。そんなのばっか読んでるのも疲れるけど。わかりやすくて読みやすいのはそれはそれでクセのない野菜みたいでいい。パクパク食べれてストレスがない。読みにくい文はアクの強い山菜みたいで食い過ぎると消化不良を起こすが採集と発見の喜びが強い。つまらない文は読みやすかろうが読みにくかろうがつまらないし。