読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記

2016.12.31 晴れ

5時過ぎに一度目が覚めたが時間だけ確認してまた寝た。6時に目覚ましが鳴って起きるが布団から出れず十分ほどグダグダする。ものすごく寒い。着替えが嫌で服のまま寝たのでセーターとフリースを羽織って猫に朝食を出す。うがいをしようと水道水を口に入れたらあまりの冷たさに吐き出しそうになる。給湯スイッチを押してお湯で顔を洗う。寝癖を整えるために髪を濡らしてフードをかぶり上着を着てヘルメットをかぶってカッパを着て出勤する。時間ギリギリ。とにかく寒い。空気が凍りそうだ。原付に霜が降りてパリパリになっていた。エンジンがかかりにくい。走り出すと顔が切れそうなくらい冷たいし痛い。職場の暖房がありがたい。時間がないのですぐに着替えて準備をする。仕事は10時半に終わった。11時過ぎに帰宅。庭のバケツを見たら溜まっていた水の表面が凍っていた。太陽にかざすと綺麗だったが薄かったのですぐに溶けてしまった。玄関を開けると猫が出迎えてくれる、というか、脱走の機会をうかがっている。冷凍の空芯菜を解凍して卵と中華出汁と塩胡椒醤油の焼き飯を作る。食べ終わってから最後の紅茶を入れてどら焼きを食べる。縁側でしばらくインターネットを見ながらぼーっとする。猫たちが日向に集まって眠っている。13時過ぎに眠くなったので昼寝。猫が布団に入ってくる。15時に目覚ましを鳴らしたが眠くて起きれずしばらくダラダラする。時間がないので無理やり起きてシチューを保温ジャーに入れてタッパーに米を詰めて出勤。職場で久しぶりに会うバイト仲間がインスタントそばを茹でてくれたので食べる。仕事終わりに差し入れのスモークサーモンと料理長が作ってくれた年越しカモうどんを食べて温泉に入って帰る。21時ごろ帰宅。郵便受けに不在通知が入っていた。水を飲むと水道水が氷水みたいだ。猫たちに年越し缶詰を振る舞う。今年も最後なのでストーブをつけてホワイトベルグを飲む。膝に猫が二匹乗ってくるので撫でながらツイッターを見ていると、みんなそれぞれの大晦日をやっている。おせちを作ったりちょっといいものを食べていたり普段通りだったり仕事をしていたり。うちにはテレビがないしラジオもないしいつもと同じ静かな夜だ。明日の弁当用のシチューに具を足して台所を拭いたりした。りんごをかじって白湯を飲んでしばらくツイッターを見て23時40分に家を出た。近所の神社の鳥居は相変わらず下品な色にライトアップされていて俗世っぽくていいと思う。みんなと猫と自分の健康と平和を祈った。神社の焚き火を見ているうちに年が明けた。