読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記

2016.8.11 晴れ

早朝目がさめる。夜中に猫が走り回っていたが友人は眠れたのだろうか。燃えるゴミを出しに行くついでに朝顔を見る。

f:id:akegatanoneko:20160811134449j:image

外は涼しいけど今日も暑くなるに違いない上天気。友人はまだ寝ている。猫に朝食を出してインターネットを見る。昨日は早く眠ったのでツイッターのタイムラインに読み応えがある。みんなそれぞれの夜を過ごしている。「実家の〜」という言葉にお盆を感じる。友人も帰省の途中に寄ってくれたのだった。8:00前に友人が起きる。乗ろうとしていたバスに乗り遅れそうだと慌てている。アラームをセットし忘れたらしい。諦めて次のバスに乗ることにして朝食を食べる。昨日の残りの麻婆茄子と目玉焼きと玄米。目玉焼きは形が崩れてしまった。

f:id:akegatanoneko:20160811135049j:image

バスが来るまで本宮大社に行くことにする。このままだと本当に泊まりに来ただけだ。友人は本宮で縁結びのお守りを買おうとしていたが売っていなかった。バス停まで送って別れる。まだ9:00前だ。家に帰ってお土産を食べる。四日市で電車を待つ間に買ったらしい。

f:id:akegatanoneko:20160811135423j:image

牛タンの皮をむく前のやつに見た目が似てるけどおいしい。四日市には一度も行ったことがなく、今後ともいかない可能性が高いので今回友人が来なければ四日市の名物なんて一生知らなかったかもしれない。部屋がだんだん暑くなってきた。暑くなる原因は窓に直接日が当たることで葦簀かなんかを軒下に吊るせばマシになると思うけどやる気が出ない。冷たいものを飲む。布団に寝転がるとまだ少し涼しい。秘本世界生玉子を読む。途中でウトウトする。正午の音楽が鳴る。もうだいぶ暑い。だいたい15:00〜17:00が暑さのピークだと思う。弁当のおかずを作る。ピーマンと玉葱とミックスナッツを砕いたものと味をつけて冷凍しておいたひき肉を調味しながら炒める。あつい…とにかく水を飲む。

f:id:akegatanoneko:20160811222213j:image

 

若くて便利なことってバカでもわりと許されるところと肉体の維持にかかるコストが軽くて済むところくらいであとは経験値のなさによる苦しみがほとんどだった。肉体は滅びていくけど今のところ精神にとって加齢は素晴らしい。でも、この均衡も数十年後には破られてしまうんだろうし肉体と経験値のバランスギリギリの健康を保ってるあたりで死にたい。猫がいなくなるまでは健康で自活していようと思う。34年生きてきて自分から作ったまともな関係は猫との関係しかなくてせめてそれにだけは忠誠を誓ってもいいと思う。いつか人間と猫程度にはまともに関係することがあるだろうか。まともな関係というのはお互いの人生設計とか日々の生活においての判断に深く関わる関係ということだと思っている。友人たちとの関係は人生設計や生活に左右されない自由さがあって気楽だし好きだ。でも、一度くらいは他人との関係で人生に関わる不自由さを味わってみたい。ここまで好きに生きてきてそういうことがないということは根本的にそういう関係に向かない人格ということなんだろうけれど、本当に向いていないと納得するためにも他人との関係を作る方法を探している。多分今までやったことないことをやればいいんだと思う。自分が思いつかなかったことや思いついても除外してきたことなど。後悔することになるんだろうけれど可能性を確かめるというのはそういうことだろう。しかしそんなことのために他人と関わろうとする時点でもう何もかもが間違っているのかもしれない。

 

15:15弁当を詰めて出勤。原付に乗りながら考え事をする。あとで日記に書こうと思うが忘れてしまった。今日は祝日でお盆休みの始まりなのか、とても忙しい。忙しいからとドーナツの差し入れがある。20:45終了。多少のトラブルはあったがなんとか無事だった。風呂に入って帰宅。猫に夕食、洗い物をしてアイスコーヒーを入れドーナツを食べる。

f:id:akegatanoneko:20160811222204j:image

猫の自動給餌器をセットする。友人に連絡を入れる。電話をする。涼しい風と思っていたけれど布団に寝転がると寝苦しく、ゴロゴロしながらツイッターを見てしまうがそれが余計に自分を眠りから遠ざけているという気もしていて気分が落ち込む。いっそ寝ないでいようという開き直りができずに眠る努力とインターネットの間を右往左往していた。