日記

日記

2017.5.25 雨

人間やって35周年になった。人生の節目とか大事な日に雨が降ると一生食べ物に不自由しないという話を信じているので雨の誕生日はうれしい。人生から注意深く苦痛を取り除いていく。静かに自分を観察していくらでも刺さってくる小さな棘をそっと抜くような生活をしたい。袈裟懸けに切りつけられたり全身打撲のようなこともあるだろうがそれはそれでじっと傷を癒して忘れるか執念深く元気に復讐していきたいと思う。猫たちと健康と平穏を大切にして過ごしていく。

 

f:id:akegatanoneko:20170526090032j:image

2017.5.24 晴れ曇り雨

朝から仕事で仕事が終わって昼からバイト先で飲み会だったので帰らずにそのままバイト先にいた。今日は休館日なので客のいない風呂を独占する。露天風呂は気持ちがいい。野外で太陽光を浴びて素っ裸でお湯に浸かるのは最高だと思う。飲み会用のポテトサラダを作るために温泉で卵と芋を茹でる。いつも一人分しか作らないから分量がよくわからない。潰して混ぜるだけの料理なので大体で大丈夫だろう。ポテトサラダを作っていると他のみんなも集まってきてそれぞれの料理の準備をしたりしている。今日のメインの餃子100個をみんなで包む。総勢7名で飲み会開始。いろんなお酒があって楽しい。飲み会ついでに私の誕生日も祝ってもらえてラッキーだった。直に他人に誕生日を祝ってもらうのは本当に久しぶりなきがする。少なくともここ数年は無かった。ありがたいなーと思う。飲み会は15時ごろ解散したが三人で夕方くらいまで喋って温泉に入って帰った。久しぶりに長く話したので喉が痛くなる。帰ると眠くてしばらく布団でゴロゴロしながら猫のトイレを掃除しないといけないなーなんて考えてそのまま忘れる。猫に夕食を出して、もらったミルクレープとコーヒーを飲んで眠った。

2017.5.23 晴れ

朝、ふと思い立って別宅に余っているフローリング材を運ぶことにする。軽トラを持っている人に連絡したら今日の午前中が空いているとのことで軽トラを出してもらえることになった。食パンにチーズと目玉焼きをのせて食べる。ぼーっとしていたらパンを焦がした。昨日とったハチクを薄揚げと干し椎茸とサヤエンドウと炒めて中華風の味付けをする。午後からは仕事があるのでさっさと作業できるように木材を玄関に運んでおく。別宅に行くと宿泊してる人とちょうど遊びに来ていている人がいた。材木を運び込んで少し話す。11時前には家に帰って昼食。友人と6末に遊ぶ約束をする。仕事までごろごろしながら「犬が星見た」を読み終わる。すごくいい本だった。武田百合子の他の本を友人からもらえるかもしれないので楽しみだ。15時に家を出て職場で風呂に入ってから仕事。お客さんが一人着かない。なんとなく気分がざわざわして無意味に誰かに話しかけたくなるが特に話す内容もない。こういう時に黙って手を握っていて欲しいとか思うがそんな都合のいい手はないしそもそも仕事中だ。どうしようもない時にどうしようもない欲求が出て来ると疲れる。

 

f:id:akegatanoneko:20170524074514j:image

2017.5.22 晴れ

もう夏。散歩をして破竹を取った。カブを修理に出して受け取った。修理費は8400円。

 

f:id:akegatanoneko:20170522212033j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165109j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165158j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165218j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165238j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165252j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165304j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165320j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165337j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165336j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165350j:image

 

f:id:akegatanoneko:20170523165406j:image

 

2017.5.21 晴れ

f:id:akegatanoneko:20170521230538j:image

人の家に行ってビール飲んで4時間くらい眠りこけた。酒が抜けるまで待って夜道を帰宅した。久しぶりに夜の国道を長く走って、本当に暗いなと思う。暗いのは嫌いじゃない。暗いと落ち着く。何もしなくていい気がする。明るいと何か生産的な活動をしないといけないように思ってしまう。明るいうちから酒を飲むと生産的な活動を否定できる気がして好きだ。そのまま眠って夜になって何もしなくていい(できない)暗さの中で安心して目がさめてぼんやりと水を飲みまた眠る。

2017.5.19 晴れ

自己嫌悪とか自己否定を公の場で繰り返す人ほど実は自己肯定感があるのではないかと考えていた。他者に対して自分の評価を自分で下げるような行いをしても生存が不利にならないという前提というか自信というか、自分に対する世間の好意に信頼がある…みたいな。逆に、他人に対して自信満々に見せてる人ほどそのように宣伝しておかないと安心できないタイプで、自分に対する世間の悪意を生活の前提にしていたりするのかもしれない。

でもこういう考え方って意地悪な気もするし、言葉は言葉通りに受け取って素直に生きていきたい。