読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

日記

大体2017.1.10〜晴れてるけど寒い雪とか降った〜22

2017.1.9の朝に仕事が終わってから十日間ほど仕事がない。1.10に街に買い物に行って以降1.15まで全く外出せずにひたすら家にいた。何をしていたのかといえば毎日わらじを一足編んでご飯を作り、猫と戯れ、インターネットを見て、本を読んで、酒を飲んでいた。人の気配はインターネットの中にあって自宅の外でたまに声や足音がするのは人というよりも自然現象の1つのようだ。食料と電気とガスと水道と灯油さえあれば自分の生活はこの家の中だけで十分に完結してしまうようなもので殊更に何かと係わろうなんてする必要がない。自分以外の人間の存在は自分の生存に全く関係がない。「あなたがいないと生きて行けない」みたいなセリフは嘘だ。家があって飯食って寝て起きてれば人間は生きていける。一人でも個体の生存に問題はない。猫はいるけど。そんなこんなで1.15は久しぶりに外に出た。雪が降ってとても寒かったので酒でも飲もうかと思った。梅酒とホワイトベルグは家にあるけどそういうんじゃなくて日本酒の熱燗が飲みたかった。寒くて。コンビニも酒屋も日曜は休みなのでいったん諦めかけたんだけど近所の神社の土産物屋がかなり大きかったことを思い出して行って見たら日本酒がたくさんあったので無事に買って帰って熱燗を飲んでいる。

 

このあと酔って文章書く感じじゃなくなって寝るかツイッター見るかして1日終わった気がする。今は20日です。日本酒は翌日やや残るので気をつけないといけない。でも、自分が飲む酒の中では一番よく酔えるので好きだ。15日の日記では生きてくのは一人でもいいみたいな感じで終わってるけどそうじゃなくてやっぱさみしいみたいな風にまとめようと思っていたけどその前に酒が回ってしまっただけです。一人でもまあ大丈夫だけどたまには人にも会いたい。一人暮らしは飽きた。本当に誰か一緒に暮らさない?とか知人に聞いて回りたいくらいだ。こういうことは年に何回か考えるけど実際に一緒に住まないか打診したことはない。打診してみればいいような気がするがなんとなく、そもそもそういう選択肢が想像上のことのように思っている節もある。どこでもドアあればいいのにって言うけどどこでもドア開発しようとはしない、みたいな感じだ。たまにさみしくてこれ以上存在するのが無理!とかあたたかい泥の中で酸欠になって死んで行くような気分になることを除けば、一人暮らしは気ままです。いつか本当に一人でいるのが無理になったとしてその時に誰かと一緒にいるために行動を起こすだけの力があるのかどうか。死ぬ寸前まで空腹を我慢して食べる気力もないまま死ぬみたいなことになる気もする。それはそれで寿命って感じでいいのかもしれない。さみしさに耐えかねて死ぬとかウサギみたいだ。ウサギはさみしいと死ぬっていうのは嘘らしいけど。あのドラマってのりピーだっけ?青いウサギ。青い色のウサギ実際にいたら怖いな。せめて、目は赤じゃなくて茶色であってほしい。本当は昨日の夕方から今日の朝まで久しぶりの仕事があったはずなんだけどなくなってしまったので肩透かしを食らったような気分だ。悪くはないけど本当にいいの?こんなに働かなくて?とか言いつつ部屋の掃除と公共料金の支払いを済ませて昼からピザ焼いてホワイトベルク飲んで音楽聴きながら読書しつつ猫を愛でたりしていた。楽しいといえば楽しいし、さみしいといえばさみしい。いい加減人間と口をききたい。

 

途中から脳内会話をそのまま書く感じになった。酒を飲むとわりとつるつる文章を書くらしい。今は多分シラフ。さっきからリアルタイムでものすごくさみしい気分になったので記録でもつけようかと思う。かと言っても言語化できるような質のものでもなく、息がうまく吸えない感覚とか、頭の中でひたすら「アー」とか「ウワー」とか叫んでるけど外見はいたって普通で(当たり前か)ストーブの前に座って猫を膝に乗せながら本を読んでいる。たまに猫を撫でてストーブの上のヤカンの白湯を飲んだりする。頭の中ではいよいよ大変なことが起こっています!という感じなんだけどものすごく平和な外観。頭の中ではって書きましたが、頭が痛くなったりとかはしない。むしろ肺というか心臓のあたりが苦しい。圧迫感がある。嗚咽をこらえている時の感じに近いと思う。もちろん実際に泣いているわけではないし泣く気配もない。淡々とiPhone5cでフリック入力しているだけだ。こういう気分の時はひたすらじっとこの気分が好転するのを待つ。一人だとそれくらいしかできることがない。誰かしらに連絡を取って慰められたらさぞ安心するのだろうなーという妄想はよくするが実行したことはない。そもそもなんて言って連絡すればいいのか「さみしいから慰めてくれ」って急に言われたら困るだろう。そういう時に連絡したくなる人というのは大体自分が好きだと思ってる人なので困らせたくない。あと、メールとか電話とか相手の表情が見えないツールが苦手で自分から連絡取ったくせにうまく返信できずに余計に落ち込むこともある。文字情報だけだと相手の気持ちがよく分からないので緊張する。用事がはっきりしていれば平気だが、さみしいってぜんぜん用事でもなんでもないし何かやりとりしようにもぼんやりしすぎでなんて言っていいか分からない。で、誰かこういう時に会える人がいればなんとかなるんじゃないかと思うが、そう都合よく目の前に人が現れるわけもない。とか何回考えたんだか分からないけど本当にくだらないなーと思う。そして飽きた。飽きた、と感じたところでさみしさはなくなっている。あとはひたすら馬鹿馬鹿しい。しょうもない。困らせたくないとかいう軟弱な言い訳にも腹が立つ。人間関係をややこしくするストレスに耐えられない弱さとか、自分の弱みを言質残る形で他人に表明したくないとかそういうせせこましさが現状の生活を作り出している。それはそれでいい。なんだ、この間抜けな一人芝居はと思ったら落ち込み終わり。

 

今は22日です。昨日は久しぶりにパン屋とカフェに出かけて人と喋ってカフェのWi-Fiで猫タンブラーを更新したり、来月の旅行の宿泊予約やバスの価格比較などをしていた。Wi-Fiがあると快適なインターネットができる。動画も見たい放題。帰宅後、ソフトバンクの速度制限も解除されていたのでさらに調べ物が捗った。ふと、一年前に書いていたひどい内容の日記を思い出して久しぶりにログインした。タイトルを見ただけで全部消した。ああいうのは読み返さない方がいい。ちょっと読み返したいなーとも思ったけど消してスッキリした。

 

唐突に人と関わりたくなる。あー、人と関わりたい!!と思うが周りに人がいないのでひたすら関わりたい!と、思うだけ。二月の旅行の手配で友人たちとやりとりするのも終わってしまったしとくに連絡するようなことがない。用事がないというのは悲しいことだ。ちょくちょく合わないと用事ができるきっかけなんてどんどんなくなっていってしまいには関係が切れてしまう…。それは嫌なので自分で会いにいったりするわけだけど。意思とか志向を向ける相手がいるだけでも良しとしておこう。京都と東京に行くんだけど東京滞在がわりと長いので近辺に住んでいる人に連絡して遊びの予定でも立てよう。

2017.1.11 晴れ

4時半ごろ目が覚める。6時過ぎごろまで布団の中でインターネットを見る。明るくなって来たので布団から出て猫たちに朝食を出す。コーヒーを入れてもう一度布団に戻ってぼーっとする。

f:id:akegatanoneko:20170111071757j:image

f:id:akegatanoneko:20170111071800j:image

7時ごろ猫たちが布団に戻ってくる。外がだいぶ明るい。すりガラス越しに朝焼けの色が見える。ピンク系のオレンジで暖かそうだが外は寒い。

 

これ以降も日記を書いていたのだがなぜか保存されなかった。たまにこういうことがある。仕方がない。まあ、だいたいいつも通りに猫と遊んだりネット見たり本読んだり昼寝したり酒飲んだり料理して食べたりわらじ編んだりしてただけなんだけど。特筆することもない普通の平和な1日だった。

f:id:akegatanoneko:20170112155944j:imagef:id:akegatanoneko:20170112155957j:image

 

2017.1.7 晴れ

久しぶりに夜更かしをした。と言っても2時過ぎには寝た。ストーブがあると布団に入らない時間が増える。その時間で晩酌をしてインターネットを見ていた。日付が変わる前に友人が結婚することを聞き、いつものごとく祝う気持ちとさみしさが拮抗するような気分になる。友人の幸せ(というのも雑なまとめ方で結婚=幸せなのかはわからないしそういう硬直した考え方はつまらないというか飽きたというか本当にそう思ってるのか謎)を祝福するのも何回目がよくわからないくらいになって、毎回おんなじ気分になっているのに飽きた。自分は本当にさみしいのかよくわからない。友人の結婚をおめでたいと思っているのかもよくわからない。ただ、毎回同じ反応をマニュアルのように繰り返しているのではないか。友人がどんどん結婚していく独身女性の反応の定型(と、自分が思っているもの)を条件反射で繰り返すくらいしか反応の選択肢がないか考えられないだけなのかもしれない。毎回複雑な気分になるわりには結婚をしたいと思わない。自分の中に固定観念として結婚はある程度の年齢になったら自然に発生するイベントというのが刷り込まれていて、それは望むとか望まないに関わらず、それこそ、人間は誰でも死ぬのと同じくらい選択の余地のないことであるべきだと思っているから、それが発生しないことに、特に望んでもいないのに不安になるのではないか。自分という人間は自分自身の望みに対してとても鈍感な上に、自分の外から来たルールに対して従うかどうかは別として盲目的に正しいと思い込んでしまう癖がある。自分のやりたいことやできることややって来たことは大体自分の外のルールとそぐわないのでいつも「自分は正しくない」と感じる。そして、それを「そんな訳がない!」と突っぱねたり「正しさにこだわるのはやめよう」といなしながら生活している。そういうことをぼんやりと考えながら寝て7時過ぎに目が覚めた。外がものすごく寒くて息をすると鼻に入ってくる空気の冷たさに違和感を感じる。布団から出る気にならず猫の飯コールを無視してiPhoneを見る。8時過ぎに起き上がって猫に朝食を出す。めんどくさくてストーブはつけずに昨日の残りのお好み焼きを温め直して食べる。

f:id:akegatanoneko:20170107112652j:image

寒かったので朝日が入る玄関でダウンジャケット着て座り込んで食べた。鰹節とチーズとニラと白菜のお好み焼き。猫の食器が空になっていたので洗い物をする。コーヒーを入れて玄関に戻ってぼーっとしながら友人の結婚と自分の反応について考えて日記の冒頭部分を書き始める。玄関で猫を膝に乗せたり降ろしたりしてしばらくぼんやりと過ごす。足が痺れてきたので猫のトイレを掃除して外出できる服に着替える。12時前に家を出る。ホームセンターでキャットフードを買ってパン屋と喫茶店に行く。パン屋でしばらく立ち話をしてからパンを買い、喫茶店でホットレモンジンジャーを頼んで軽く近況報告をする。失敗したりんごパイをもらって食べて客が増えてきたので川によってから帰る。15時前だが山に囲まれているのですでに日がささず寒い。家に帰る頃にはすっかり体が冷えており、すぐにお茶を入れる。ストーブをつけて本を読む。明日の弁当用にと思い立って生姜としめじの炊き込みご飯を作る。18時前に猫に夕食を用意する。猫たちはごはんという単語を覚えていてごはんと言えば隣の部屋から駆けつけてくる。今日は缶詰を夕食とした。自分の夕食はストーブにフライパンを置いて買ったパンに卵とマヨネーズとチーズを混ぜたものを乗せて焼いたものとホワイトベルグ。19時過ぎくらいまでダラダラとストーブにあたるが寝転びたくなったのでストーブを消して布団に入る。猫が喧嘩をして走り回っている。少し本を読んだりインターネット見てたけどすぐに眠くなって20時過ぎには寝てしまったと思う。

2017.1.2 晴れ

5時半ごろに目がさめる。初夢は見たのか見てないのか全然記憶にない。眠くはないので起きてもいいが6時半の目覚ましまで布団でツイッターを見る。年始は休みの人が多いなーと思う。いつもは早朝からタイムラインにいる人がいなかったり、仲の良い人たちが同じ食卓の写真をあげていたりする。猫が首の上に乗って寝ているのが重くて苦しいけど暖かくもある。6時半の目覚ましがなったので起き上がって中に朝食を用意する。顔を洗って出勤。原付が凍りついている。寒くて目が痛い。朝焼けがきれいに見える場所で写真を撮る。

f:id:akegatanoneko:20170102164028j:image

雲がピンクできれいだと思う。10時半に仕事が終わる。11時過ぎに帰宅して即オムライスを作る。

f:id:akegatanoneko:20170102164134j:image

ご飯には肉が入ってないとさみしい。食後に白湯を飲んでしばらく休んでから街のイオンに出かける。ガソリンがギリギリで不安だったが無事に到着。正月のイオンは高い肉が多かったので肉を買うのを諦めてブリのアラを買った。ブリ大根を作ろうと思う。あと、筑前煮の材料とかまぼことお酒とクッキーなどを購入して帰る。途中でガソリンも入れる。本当は業務スーパーでも買い物するつもりだったけど正月休みだった。15時すぎに帰宅。

f:id:akegatanoneko:20170102164744j:image

寒かったので紅茶を飲んでクッキーとチョコを食べる。筑前煮を作りながらホットワインを飲んだりストーブの前で猫を膝に乗せたりする。太宰治ヴィヨンの妻を読む。太宰はほんとに最悪だし女にだらしないがめちゃくちゃモテるだろうなと思う。こういうタイプの人を攻撃するなら言葉よりも物理攻撃の方が満足できそう。精神を傷つけるのは無理な気がするのでわかりやすく肉体を傷つけて安心したい。みたいなことを考えているうちに筑前煮ができて夕方になっていたので猫たちに夕食を出す。イオンで買ったピザを焼いてホワイトベルグを飲む。

f:id:akegatanoneko:20170102221208j:image

小豆を煮てぜんざいの汁を作りながら太宰の続きを読む。本当にロクでもないがいっそ酷すぎて清々しい。自分がものすごく金を持っていたらこういうタイプにちょっかい出すのは楽しいだろうと思う。ホワイトベルグを飲みながらひたすら小豆を煮る。灰汁を取って煮汁を足す。猫を撫でたりインターネットを見たりしながら二時間くらいで完成。わりと美味しくできた。

f:id:akegatanoneko:20170102221620j:image

22時前に歯を磨いて布団に入る。23時すぎには寝た。

2016.12.31 晴れ

5時過ぎに一度目が覚めたが時間だけ確認してまた寝た。6時に目覚ましが鳴って起きるが布団から出れず十分ほどグダグダする。ものすごく寒い。着替えが嫌で服のまま寝たのでセーターとフリースを羽織って猫に朝食を出す。うがいをしようと水道水を口に入れたらあまりの冷たさに吐き出しそうになる。給湯スイッチを押してお湯で顔を洗う。寝癖を整えるために髪を濡らしてフードをかぶり上着を着てヘルメットをかぶってカッパを着て出勤する。時間ギリギリ。とにかく寒い。空気が凍りそうだ。原付に霜が降りてパリパリになっていた。エンジンがかかりにくい。走り出すと顔が切れそうなくらい冷たいし痛い。職場の暖房がありがたい。時間がないのですぐに着替えて準備をする。仕事は10時半に終わった。11時過ぎに帰宅。庭のバケツを見たら溜まっていた水の表面が凍っていた。太陽にかざすと綺麗だったが薄かったのですぐに溶けてしまった。玄関を開けると猫が出迎えてくれる、というか、脱走の機会をうかがっている。冷凍の空芯菜を解凍して卵と中華出汁と塩胡椒醤油の焼き飯を作る。食べ終わってから最後の紅茶を入れてどら焼きを食べる。縁側でしばらくインターネットを見ながらぼーっとする。猫たちが日向に集まって眠っている。13時過ぎに眠くなったので昼寝。猫が布団に入ってくる。15時に目覚ましを鳴らしたが眠くて起きれずしばらくダラダラする。時間がないので無理やり起きてシチューを保温ジャーに入れてタッパーに米を詰めて出勤。職場で久しぶりに会うバイト仲間がインスタントそばを茹でてくれたので食べる。仕事終わりに差し入れのスモークサーモンと料理長が作ってくれた年越しカモうどんを食べて温泉に入って帰る。21時ごろ帰宅。郵便受けに不在通知が入っていた。水を飲むと水道水が氷水みたいだ。猫たちに年越し缶詰を振る舞う。今年も最後なのでストーブをつけてホワイトベルグを飲む。膝に猫が二匹乗ってくるので撫でながらツイッターを見ていると、みんなそれぞれの大晦日をやっている。おせちを作ったりちょっといいものを食べていたり普段通りだったり仕事をしていたり。うちにはテレビがないしラジオもないしいつもと同じ静かな夜だ。明日の弁当用のシチューに具を足して台所を拭いたりした。りんごをかじって白湯を飲んでしばらくツイッターを見て23時40分に家を出た。近所の神社の鳥居は相変わらず下品な色にライトアップされていて俗世っぽくていいと思う。みんなと猫と自分の健康と平和を祈った。神社の焚き火を見ているうちに年が明けた。

2016.12.28 晴れ

7時過ぎに外が明るくて目が覚めた。空気が冷たい。昨日とは違って冬の朝だという感じがする。猫が首の上で寝るせいか肩が凝っていてしんどい。しばらく布団でごろごろしてから起き上がる。寒い。外は晴れているが風が強く吹いているらしい。猫たちに朝食を出して紅茶を淹れる。ストーブをつけてしばらくぼーっとしてから白菜と大根と鶏肉のクリームシチューを作る。白菜と大根を適当に切って水を入れずに塩だけ降って火にかける間に鶏肉を流水解凍する。白菜の量が少なくてあんまり水が出なかったのでお湯を足して鶏肉を入れる。火が通ったらクリームシチューのルーを入れてなんとなく冷蔵庫にあった酒粕も入れる。これは明日の弁当に持っていくことにする。Amazonでコーヒーミルを買うついでにアーモンドフレーバーのインスタントコーヒーとマギーブイヨンと漫画数冊を買う。年末年始の自分への労いのつもりだ。物が届くのは楽しい。買いに行くのも好きだが。今年は友人たちから色々良いものを届けてもらえてうれしかった。自分も友人に贈り物をしたりした。本当はあと2つ贈り物をするつもりだったんだけど何を送るか決めかねたまま保留にしている。こうやって迷っている時間も楽しい。10時前に目玉焼きと昨日の残りの唐揚げ2つと米の朝食を食べる。唐揚げは色々揉み込まずに醤油と酒でさっともんで揚げたものでも十分うまいと思うし楽だ。食器を洗って白湯を飲みながら佐野洋子の「死ぬ気まんまん」を読む。長嶋有の父で古道具屋のニコニコ堂が出て来る話がおもしろい。無気力で無軌道で体力がなくて佐野洋子の家に来るだけで力尽きて泊まって行くとか血圧がないとか書かれている。ぼーっとしていると玄関に人が来た。宅急便かと思ったら友人で驚く。友人が訪ねて来るという可能性が意識にのぼらなくて一瞬誰だかわからなかった。家に上がってもらった後で自分が寝間着のままだと思い出したがもうどうしようもないしいいかと思う。白湯を飲みつつしばらく喋って帰って行った。年末には珍しいこともあるものだ。ツイッター戸川純のインタビューを読む。戸川純の顔を見てると写真なのに不定形というか表情以前のような印象がある。それが不安でもありきれいだなとも思う。元々の造形がものすごく美しいわけではないけど(どちらかと言えばきれいなんだけど)不思議と目が離せない。顔が整っているのは天与のものだけれどそれ以降の個人的な選択によって研磨されたものの美しさが人間にはあるよなーと思う。しかしそれは見ようとしなければ見えずだからこそ自分だけの誰にも共有できない占有の美しさとなるのではないか。自分だけがいいと思えるものがあるのはとても大事だ。そればっかりにこだわってると人とコミュニケーションできなくなりそうだけど。17時過ぎに夕食を食べる。ジャガイモ二個と鶏肉一枚とニンニクを塩コショウで炒めたものとホワイトベルグ。佐野洋子は読み終わったので九十九怪談を読む。猫に夕食を出す。しばらく猫、酒、読書、インターネットをダラダラとやって風呂に入って21時すぎには寝た。

2016.12.27 雨

4時半ごろ夢を見て起きた。私は体操服を着て友人と何かの作業を終わらせて一旦会社に戻ってから上司に書類を提出すると一部修正してくれと言われて書類を受け取りスヌーピーの鼻先を切るときの切り取り線を4本ボールペンで書き直そうとするが二回間違える。1回目は書類の上に透明なフィルムが乗っているのに気がつかずその上から書いてしまって2回目は線を引き間違えて修正液で隠した。簡単なことなのにできなくておかしくなる。喫茶店で友人と合流して食事をしに行くがまだ体操服なので少し不安になるという夢だった。トイレに行ってもう一度寝る。七時前にものすごい雨の音とタイヤの空転する音で目がさめる。空気が湿っているしなんとなく温い。春のようだと思う。年末という気がしない。猫が騒ぐので起きて朝食を用意する。紅茶を沸かしてホットケーキを焼いていると社長からメールで今日の仕事が休みになったという連絡が来る。雨なのでちょうどよかった。嬉しくなって音楽をかけてホットケーキを食べる。ストーブをつけて座っていると猫が膝に乗って来る。今日はどこにも出かけずに1日パジャマで過ごすことにする。ぼんやりとツイッターを見ていると芥川龍之介の恋文が流れてきてそのかわいらしさに胸を打たれる。芥川からこんな言葉を贈られた文ちゃんも羨ましいが、それ以上にこんな恋文を書いてしまうくらい文ちゃんを好きになった芥川が羨ましかった。他人の恋心を羨むのはものすごく不毛だと思うが好きなものがある状態はものすごく楽しいので共感して羨望してしまう。猫を撫でたり音楽を聴きながら本を読んだりインターネットしたりしてるうちに昼になった。友人からのリンゴと楽天で買ったホワイトベルグが届いたので昼酒のアテを作る。鮎と大根とジャガイモの素揚げと鳥の唐揚げ。鮎は長時間揚げて骨まで食べた。鳥の唐揚げは余ったので冷蔵庫に入れて弁当にとっておくことにする。ホワイトベルグを飲みつつインターネットを見る。ツイッターも年末の話題が多い。ツイッターを見たり職場に行ったりしなければ年末を感じる要素が自分の生活にはないのでハッとする。今年のことを振り返ったり来年のことを考えたりする。今年は旅行にもよく行ったし特に病気にもならなかった。物はよく壊れたけどわりといい一年だった気がする。和歌山に越して来て初めてのこころ穏やかな年末を過ごしている。去年一昨年の辛さに比べたら上出来だ。16時前に眠くなったので布団に入って21時ごろまで寝たり起きたりゴロゴロしていた。21時過ぎに猫に夕食を出してホットケーキの残りを食べる。紅茶を飲んで洗い物をする。しばらく猫を膝に乗せて台所でぼんやりとしていたが寒いのでまたすぐに布団に戻って23時ごろには寝た。